クライオミュー

Cryo-μ(クライオミュー)| 脂肪冷却痩身機器

「Cryo-μ(クライオミュー)」紹介動画

Cryo-μ(クライオミュー)が優れている3つの特徴

  • Cryo-μ(クライオミュー)が優れている3つの特徴①

    吸引式冷却アプリケーターがS・M・Lの3サイズを標準装備

    主に、上下腹部(L)、両脇腹(L/M)、腰(M/S)、背中(S)、腕(S/M)、太もも(M/L)など施術部位ごとに、又お客様の体型に合わせた冷却アプリケーターによりピンポイントな脂肪冷却痩身が可能です。

  • Cryo-μ(クライオミュー)が優れている3つの特徴②

    冷却ダブルプレートが標準装備

    吸引式の脂肪冷却痩身機器では施術が困難だった、“二の腕”や“ふくらはぎなど”、さらに多くの部位への施術が可能になりました。プレート式なので施術部位の鬱血がなく、薄着の季節に施術が可能です。

  • Cryo-μ(クライオミュー)が優れている3つの特徴③

    ヒーティング&アイシングシステム搭載モデル

    施術が始まると、施術部位への負担軽減として42℃~45℃まで3分間ヒーティング機能が働きます。その後、一気に2℃までアイシングし、脂肪を冷却していくシステムを搭載している最新式の脂肪冷却痩身機器です。

様々な部位へ安全にアプローチできる

さらに、センサー機能搭載でより安全に!

脂肪冷却痩身は…
お肌にダメージを与えない!

脂肪冷却痩身の仕組み

人間の脂肪は4℃で凍り始める

人体は約70%が水分で構成されています。水分は0℃以下で凍るのに対し、人間の脂肪は“4℃”で凍り始めるという「クライオリポライシス理論」を応用した冷却技術で、脂肪細胞のみを氷点へ導くことが可能となりました。

脂肪細胞のみ凍らせて壊す

血液や他の細胞に影響を与えることなく脂肪細胞のみを冷却し、氷点に達した脂肪細胞は徐々に壊れ、老廃物として新陳代謝プロセスにより約4週間で徐々に排出。
従来の痩身方法とは違い脂肪細胞を減少させることによりリバウンドの少ない安全な施術を行うことが出来る痩身技術です。

4℃で冷却することで脂肪細胞のみにダメージを与えられる

  • 脂肪冷却痩身の仕組み
    ・皮膚の下にあるため強度が低い
    ・補強する膠原線維を持たない
    4℃で凍り細胞にダメージ
  • 脂肪冷却痩身の仕組み
    ・ 外の刺激から体を守る強度を持つ
    ・膠原線維で補強されている
    0℃で凍り細胞にダメージ
お肌はダメージを受けずキレイなまま

Cryo-μ(クライオミュー)による脂肪冷却の流れ

施術部位を適切な温度(1℃~4℃)にて冷却する事により、脂肪細胞(橙色)が冷却されている様子です。(水色の脂肪細胞は冷却のダメージをうけています)

施術直後から3日~7日でダメージを受けた脂肪細胞の約60%~70%が破壊され老廃物化していく様子(水色の脂肪細胞)。吸引による毛細血管の内出血の形成(赤い物)。

図のように老廃物化した脂肪細胞が代謝により排泄終了となり、約4週間でサイズダウンとなります。
※施術した部位の約20%が減少し、約2mm程の脂肪の厚さの減少(皮膚の厚み、冷却耐性、セルライト量によって個人差があります)

実例ビフォーアフター

  • img_sample01.jpg

    30代女性(施術2回)

    体重:47.0kg → 44.8kg(-2.2kg)
    太もも:48.0cm → 46.8cm(-1.2cm)

  • 40代女性(施術2回)

    40代女性(施術2回)

    体重:78.0kg → 75.4kg(-2.6kg)
    太もも:76.8cm → 72.2cm(-4.1cm)

Cryo-μ(クライオミュー)の脂肪冷却痩身手順

  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順1
    【1】施術部位がきまりましたら施術ベットに横になりリラックスしてお待ちいただきます。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順2
    【2】施術部位に専用冷却保護シートを貼り付けます。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順3
    【3】しっかりとシワを伸ばします。シワが多い場合正しい施術が行えません。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順4
    【4】本体の設定に移ります。各種設定を確認し完了ボタンを押します。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順5
    【5】冷却アプリケーターを施術部位へ設置します。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順6
    【6】施術開始ボタンを押して施術開始です(開始と共にアプリケーター内部のLEDが点滅し、吸引が開始)
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順7
    【7】アプリケーター内部に脂肪を吸引し、7割程収まったら、もう一度開始ボタンを押します。(LEDの点滅が点灯に変化し、脂肪冷却開始)
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順8
    【8】施術中は、読書などしながらリラックスしてお待ちいただきます。(約30分程)
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順9
    【9】ブザー音とともに施術が終了。アプリケーター内部から脂肪が元に戻っていきます。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順10
    【10】アプリケーターをゆっくりと外します。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順11
    【11】冷却保護シートを取り除いて施術部位を軽く拭きます。
  • クライオミューの脂肪冷却痩身手順12
    【12】施術部位の赤みを確認していただき施術終了です。

Cryo-μ(クライオミュー)の費用、スペック

サロン価格 お問い合わせください
冷却保護専用シート Mサイズ(60枚):6万円(税別)
Lサイズ(40枚):5万2千円(税別)
サイズ W370×D460×H320(本体)
W600×D540×H320(付属品装着時)
重量 約15kg
電源 110V 50/60Hz
最大消費電力 450W
設定温度 5~-15℃
吸引圧 10Kpa~80Kpa
給水容量 約1リットル(精製水使用)
設定時間 30~60分

関連記事一覧